これから働き始める女の子へアドバイス

  • 2017年12月23日 16:03

ナイトワークを経験した事のない女の子は、キャバクラで働く事に心理的に抵抗感があると思います。
私も実際にそうでした。
でも赤羽のキャバクラバイトの面接で店長が予想以上に普通の方で、先輩キャバ嬢も優しく、いろいろと教えてもらえた事で安心して仕事を始める事が出来ました。

これからキャバクラバイトを始める子へ、アドバイスをまとめていますので是非お役立てください。

キャバクラ求人の探し方

赤羽のキャバクラ求人を探す時、一体どんな方法が良いと思いますか?
無料のタウン誌や雑誌などにキャバクラ求人が掲載されているのかもしれませんが、私が利用したのはナイトワーク専門の求人サイトでした。

ナイトワーク専門の求人サイトなので求人の質も良いですし、もしもトラブルが起きた時もサイトのスタッフがお店に連絡を取りしっかり確認してくれるサービスがお勧めです。
紹介しっぱなしのサービスだと、後でトラブルになった時に女の子が泣き寝入りしなければなりません。

すでにナイトワークを始めている友人や知人がいるのなら、良いお店を紹介してもらうのも良い方法です。
内部事情は実際に働いてみないと分かりませんから「このお店は働きやすい」「時給が高い」など、生の情報が得られる方が有利です。

良いお店の見分け方

キャバ嬢の離職率などが分かればいいのですが、そのような情報は公開されていないのでスタッフやお店の雰囲気で判断する以外にないのが実情です。
まず大事な事は面接での面接官(だいたいはお店の店長や責任者)の対応です。

店長だからと言って上から目線で命令したり電話などの対応が雑、乱暴であれば人間として問題のある人物かもしれません。
いくら凄腕店長でも女の子に暴言を浴びせ暴力行為に及ぶようでは、そのお店で長く働く事は出来ませんよね。

まずは面接で責任者の対応をチェック。
礼儀正しく穏やかな人物であればまずは〇
そして体入では先輩キャバ嬢の対応店舗スタッフの言動顧客の質お店の雰囲気を確認します。
洗面台やトイレが綺麗なお店である事も大切です。
掃除が行き届いていないお店は、それだけ経費をケチっている証拠。
自転車操業なのかもしれません。

キャバクラで働く心構え

キャバクラは毎日たくさんの顧客がやってきます。
中には自慢話や上司の悪口、会社の愚痴ばかりの方もいます。
でもどんなに嫌なお客様であっても「お金を払ってお店に来てくださっているお客様」である事に違いありません。

どれだけ嫌なお客様でも拒否したり、無視、批判するのではなく、お話を聞いてあげる事、接客する事はまず基本です。
キャバ嬢の好みで顧客を差別しない事、平等に接する事を心がけましょう。

もちろんキャバ嬢の人間ですから、セクハラや限度を超えた暴言に我慢する必要はありません。
もしセクハラ被害、暴力行為を受けた時は店舗スタッフに相談してください。
しっかり対応してくれるお店であれば信頼出来る店舗だと言えます。

キャバクラバイトで辛い事まとめ